業務用エアコンを購入する前に知る様々な機能

暑い夏、寒い冬と四季がある日本において、エアコンはなくてはならないものになっています。特に飲食店のような長時間留まる店舗の場合、エアコンによって快適な空間を提供できます。ここでは店舗やオフィスで使われる業務用エアコンについてみていきたいと思います。まずエアコンと聞いて最初に思いつくのは、家庭用エアコンでしょう。家庭用エアコンは使う部屋の広さや構造で選ぶと思いますが、業務用エアコンの場合は設置環境を考慮する必要があります。例えば、鉄板を使うような店舗は一日中火を使うため、室内温度は高くなりやすいため、面積に対して能力が高いエアコンが必要となります。オフィスの場合も従業員数や設置するOA機器の台数からエアコンを選ぶといいでしょう。適合した能力を見極めることがとても重要となります。

業務用エアコンを効率よく使うには

業務用エアコンを探す際は適合した能力を選ばないと、冷暖房の効きが悪くなりかえって電気代がかかってしまうことがあります。また効きが悪いことで、無理な運転を続けてしまい、最終的にはエアコンに負荷がかかり故障につながりかねないのです。そこでキーワードとなるのが熱負荷です。熱負荷とは熱負荷です。熱負荷とはエアコンを取り付ける部屋に出入りする熱量やその室内で発生する熱量のことを指します。その熱負荷の数値にあった能力のエアコンが適していると言えるのです。熱負荷には外気負荷、太陽輻射、温度差から発生する熱伝導、室内で起こる熱の4種類があり、それぞれ熱が起こる現象が異なります。この熱負荷は業種によって違うため、これらを考慮したエアコン選びをすることが快適な空間を作る第一歩となります。

業務用エアコンには種類があります

業務用エアコンは種類がいくつかあり、設置スペースや用途などによって設置するエアコンが変わってきます。一般的に主流とされているのは天井カセット型4方向と言われるタイプで、吹き出し口が4方向にあることで室内の温度が均一に保たれ、温度ムラを防ぐことができます。また、天井に埋め込みができるので、フラットとなり見た目も損ねないというメリットも挙げられます。コスト面でおすすめなのが床置形です。工事費、工期がともに抑えられメンテナンスもしやすい点が特徴です。エアコンは一年を通して使うものですのですし、快適に過ごすためにもこれらのポイントをおさえると良いでしょう。また業務用エアコンを取り付けるにあたり、わからないことが多々あると思います。このような時は業者の方でも相談にのってくれます。