業務用エアコンをお探しなら必見

業務用エアコンは家庭用のものと比べて機能はシンプルなものが多いです。業務用エアコンは稼働時間が長いため、機能性よりも耐久性が重視され、広い空間を冷やすため馬力(能力)がより求められるからです。天井埋め込み型や吊り型、床置き型など、業務用エアコンには様々な種類があります。それぞれのタイプによってメリットとデメリットがあるので、業務内容や設置場所や費用、設置後のランニングコストなどを慎重に考えて検討する必要があります。また、エアコンの能力を最大限に発揮させるためには定期的なメンテナンスもかかせません。お手入れが不十分なエアコンは能力が落ちるだけでなく、埃やカビなどを撒き散らすことにもなってしまうので、飲食店や食品加工の現場ではメンテナンスのしやすさもエアコン選びの大切なポイントです。

業務別にみる業務用エアコンの選び方

業務用エアコンは業務内容や設置場所に応じて選ぶ必要があります。事務所やオフィスは事務所全体の空調を整え、どこにいても快適な環境とするため、天井から下へ向かって送風するタイプのものが適しています。飲食店では人の出入りが多く、出入り口付近と店の奥とで温度差が生じやすいので、温度や風向きの調節のできるものや温度センサーを搭載したものが適しています。また、厨房の温度が上がりやすいので、厨房には専用のエアコンを設置した方が良いでしょう。小型の店舗や商店は混み合う時間帯がバラバラでな上、冷蔵庫や照明など一日中稼動している電化製品が多いので場所によって温度差が生じやすくなります。そのため、温度管理を自動で行ってくれるエアコンが適しています。エアコンの温度管理によって、冷やしすぎや暖め防ぎを防ぎ、経費を削減することができます。

業務用エアコン設置にかかる費用と優遇措置

業務用エアコンの中でポピュラーなのが天井埋め込み型です。このタイプは空間を広く使えるので人気ですが、天井に穴を空ける必要があり、一番設置費用が高額になる可能性があります。埋め込み型より割安で設置できるのが天井吊り下げタイプです。このタイプは風の吹き出し方向が決まっていたり、でっぱりが目立つ点が気になるかも知れません。大規模工事が必要ないと言う点では、床置き型は比較的安価で設置できます。天井から風を送るタイプと比べると、部屋全体の温度調整能力が劣ってしまうので、設置する場所や部屋の広さを考慮する必要があります。業務用エアコンの導入には、リースを利用することもできます。毎月一定の支払いで利用することができるので初期費用を抑えることができますが、総支払額は本体価格よりも高くなってしまいます。また、業務用エアコンの設置には税制上の優遇が受けられます。中小企業庁のホームページなどを参考にして下さい。