業務用エアコンの選定で注目すべき点

業務用エアコンとは、家庭用のルームエアコンとは違い、主にオフォスや店舗などで利用される、大型のエアコンのことをいいます。近年では各メーカーの努力により、サイズもコンパクトになりつつあります。業務用エアコンには、形や馬力などによって、いろいろな種類があります。天カセと呼ばれているものは、天井カセット形のエアコンのことです。天井に埋め込まれる形になっています。風の出る方向が1方向のもの、2方向のもの4方向のものもあります。天井に埋め込まれるように設置しますので、見た目がすっきりしています。天井の照明スペースのない場合や、壁を有効に使いたいとき、あるいはインテリア重視の場合に適しています。ただし埋め込み式なので工事費や施工に日数がかかってしまうのがデメリットです。

業務用エアコンには、どんな種類があるのか

業務用エアコンは、家庭のルームエアコンよりも馬力が大きく、さまざまな形や種類があります。天カセと読まれる天井カセット形のエアコンは、馬力があり風力も強いですが、工事費や施工日数がかかります。カセット形以外にも、いろいろな種類があります。天吊形と呼ばれているものです。天井から吊り下げる形で設置されますので、天井に穴を空けることなく設置可能です。インテリアに合わせやすいデザインで、空間の雰囲気を壊しません。アパレル関係、広いオフィス、洒落たカフェなどに向いています。工事も短時間で済みます。他には壁掛型エアコンがあります。設置が手軽で、床のスペースを取りません。コンパクトですっきりと設置できます。家庭用のルームエアコンよりも、風量が強いのが特長です。店舗や事務所におすすめです。

業務用エアコンのメリット、デメリット

業務用エアコンの種類はまだあります。床置形というものです。設置が手軽ですし、掃除や手入れが簡単にできます。大容量のものは工場などで使われます。他には厨房用や、大型店舗用などがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、設置場所に応じたエアコンを取り付ける必要があります。合わない場合は、空調が効かなかったり、あるいは効きすぎてしまうこともあります。昨今では、温暖化の影響で異常な高温が観測されるようになりました。学校などでもエアコンの取り付けが進んでいるようです。また購入するだけではなく、リースという方法もあります。どのような種類のエアコンを取り付けたらよいか、予算はどのくらいかかるかは、専門の業者に依頼する必要があります。快適な空間を作り出すことができるでしょう。